6月のカレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近のコメント

各月の日記

イフォトゥの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2017年
06月06日
04:39

【PL】肥料を作ろう

 『〜を〜しよう』ガチ考察シリーズ第二弾。

 肥料作りをガチで考えてみた。

【考えるべきこと】
・肥料を提出したあとどのルートで帰るか
・肥料にする際に細工を使うべきか
・肥料にする際に採取成功した素材を混ぜるべきか否か

1つ1つ考えていこう。


・肥料を提出したあとどのルートで帰るか
 2つのルートが存在する。
 『カノン大草原往復』『堕落経由の馬車』
 それぞれのコストは以下の通り
『カノン大草原往復』
 一般種族:49 翼:31 エルフ:58
『堕落経由の馬車』
 一般種族:29 翼:19 エルフ:34
 +渡し船代金:20 旅人型:-10
 +馬車代金:30 人間・ホビット:-5 旅人型:-10

 仮にドワーフ所持品枠7のキャラが全て肥料を持って提出した場合、
 草原往復:28.57G/AP 堕落経由:46.55G/AP 
 となるため、利率としては堕落経由の方がいい。
 (ついでに闇市オレンジ輸送をすることも可能)


・肥料にする際に細工を使うべきか
 単素材の場合は細工(装具以外)でも提出条件を満たせる。
 何か別の素材を混ぜるなら調合をするしかない。
-細工の場合
 消費AP:7/10/15 (一般の場合)
 目標値:「5」
-調合の場合
 消費AP:20/25/35 (一般の場合)
 目標値:「4」 (単素材の場合)

 圧倒的に消費APが少ないため、できれば細工を利用した方がいいだろう。
 ただし調合の方が成功しやすい傾向が高く、また細工道具はやや高価で細工室も必要なため、ある程度地盤が固まるまでは調合で行った方が無難だろう。


・肥料にする際に採取成功した素材を混ぜるべきか否か
(この仮定は勘に基づいて設定されたもので、根拠はありません)
 仮にR2の羊毛を採取するとして、採取成功した場合は上位レアを入手できるとする。
 所持品数は7、魔力値は5とし、1度の外出で入手できる数は5個とする。
 そのうち平均で1回、採取が成功すると仮定する。

 2回の採取で、8個のフンと2個の羊毛を入手する。
 これを『6個の普通の肥料と2個のランクアップ肥料』にするか
 『8個の普通の肥料と2個の羊毛』とするかの話。

-『6個の普通の肥料と2個のランクアップ肥料』
 全体の報酬=200*6+260*2=2320G
 提出AP=80
 加工AP=10*6+25*2 (細工と調合は魔力使用を想定)
 →利率指数:12.21G/AP

-『8個の普通の肥料と2個の羊毛』
 全体の報酬=200*8+66*2=1732G
 提出AP=100AP
 加工AP=10*8 (細工は魔力使用を想定)
 →利率指数:9.62G/AP

 道具が揃っているならランクアップ肥料を考えても悪くないだろう。
 しかし、失敗する確率もあがることを忘れないように。



 というわけで、肥料作りの最適解は
・帰りは堕落経由
・採取成功した素材は肥料に混ぜ込む
・混ぜ込み用素材がない場合は細工で加工

 ってことの気がします。

 とはいえ道具や能力によって色々変わるので、自分で計算した方が良いです。
 この日記は肥料作りにはこういう選択肢があって、こんな感じで計算するものだっていう見本だと思っていただければ。
  • 【PL】
パッフェルベル工房街」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加